【インボイス制度】準備に必要なステップと注意点

2023年10月から始まる新しいインボイス制度に向けて、あなたのビジネスは準備が進んでいますか?

この記事では、制度開始までに決定し、整えておかなければならないことをまとめています。準備のもれや遅れはないか、今一度チェックしてみましょう。

インボイス制度の準備ステップ

インボイス制度が始まる前に、何を準備しなければならないのでしょうか。ここでは、インボイスを発行する側の【売手】と受ける側の【買手】両方の目線から、段取りをご案内します。

売手の準備

  1. 適格請求書発行事業者に登録する:まずは適格請求書発行事業者に登録申請します。令和5年9月30日までに申請すると、制度開始までに登録が間に合います。
  2. 取引先に登録番号を通知する:税務署による審査を経て登録が完了すると、登録番号が通知されます。登録番号を取得したら、前もって必要な取引先に通知するとよいでしょう。

買手の準備

  1. 取引先の登録番号を集めて、管理する:買手にとって、取引先が発行するインボイスの保存は、原則として、消費税の仕入税額控除を適用するための要件となります。取引先について適格請求書発行事業者に登録したか、登録した場合は、その登録番号を確認し、制度開始に備えましょう。

インボイスの発行と保存

次に、「どの書類をもってインボイスとするか」を決定します。取引先と調整しながら、準備を進めます。

インボイスの発行

インボイスの決定は、発行者である売手が主導することもあれば、受け取る買手が書式を指示・依頼する場合もあります。いずれの場合であっても、売手・買手の双方で、制度開始までに理解を深めておきましょう。

  1. 取引と書類の流れを把握:まず、日頃の取引の流れと、それに伴う書類の流れを、取引先ごとに把握しましょう。それぞれの書類の内容と、全体の流れを整理しましょう。
  2. インボイスとする書類の決定:次に、どれをインボイスとするのか決定し、書式を整えます。既存の書類から、記載事項を比較的満たし、消費税に関する項目を備えているものを選び、必要に応じて改定して使用するのが、最も導入しやすい方法です。

インボイスの保存

インボイスは、7年間の保存義務があります。売手は写しを、買手はインボイスそのもの(複数の書類にまたがる場合は、そのすべて)を保存します。

  1. 売手が保存するインボイスの写しの範囲:発行した書類そのものを保存します。ただし、複数の書類にまたがる場合は、そのすべてを保存します。
  2. 買手が保存するインボイスの範囲:受け取った書類そのものを保存します。ただし、複数の書類にまたがる場合は、そのすべてを保存します。

結論

新しいインボイス制度の導入に向けて、準備は進んでいますか?この記事で紹介したステップを参考に、制度開始までに必要な準備を整えてください。準備のもれや遅れはないか、今一度チェックしてみましょう。

Follow me!

投稿者プロフィール

玉城 祐輔
玉城 祐輔取締役